WEBマーケティング

マーケティング心理学|返報性の原理

「返報性の原理」とは人から何か施しを受けた場合に何かお返しをしなければならないと思う心理のことです。

「スーパーで試食をもらったとき」「電気屋さんで親切丁寧に説明をしてくれた。」
などみなさんも日常生活の中で経験しているのではないでしょうか。

何かを頼みごとがある際に
1.飲み物をおごってあげて相談した場合。
2.ただ相談だけをした場合。
を試してみたところ(1)の方が頼みごとを受けてもらえる確率が圧倒的に高かったという実験結果もあります。

これをマーケティングに応用してみましょう。まずはこちらから何かを提供することで最終的に商品の購入などにつなげるということですね。

ポイントは無料で何かを提供し、その場で見返りを求めないということです。例えば

  • 商品のサンプルをプレゼントする。
  • 無料でカウンセリングをしてあげる。
  • 価値のある情報をメルマガや冊子で配布する。

などでしょうか。また、お問合せのメールに親身になって対応してあげることでもいいと思います。これなら経費もかけずにすぐに実行できますね。

お客さんが「もらいっぱなしじゃ何か悪いな」と思えるくらいの価値のあれば、今度は自分にできることなら何かお返ししてあげようという心理になります。

もちろん購入や契約につなげるのが一番ですが、ソーシャルメディアに拡散してもらう、アンケートに答えてもらうなどハードルが低いお願いをすることも有効です。要するに「情けは人の為ならず」ってことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|リフレーミング

    リフレーミングとは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組み…

  2. WEBマーケティング

    WEB担当者の為のプロジェクト成功術 前編

    少し前のデータですが、日経コンピュータの調査によるとITプロジェクトは…

  3. WEBマーケティング

    WEB屋の私がブックマークしている国内ブログまとめ

    この業界で仕事をはじめてかれこれ8年目。企画から設計、制作とひと通り…

  4. WEBマーケティング

    2010はてブ年間ランキングに学ぶ記事タイトルのつけ方。

    ブログを書く人にとって記事の中身と同じくらい重要な記事タイトル。…

  5. WEBマーケティング

    WEBディレクターなら知っておきたいWEBサービス25選

    ある程度の規模のWEBサイトを構築する際には、サイト内検索など様々な機…

  6. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|両面提示と片面提示

    みなさんが外食した時に、メニュー表に「このお料理は注文が入ってからひと…

  1. 話題・トレンド

    みんなに虹を届けるロボットが素敵。
  2. Design Items

    思わず欲しくなる22のパッケージデザイン。
  3. Design Items

    ちょっと怖くて意外と便利なマグカップ
  4. Design Items

    ジャケットが○○に早変わり!?
  5. Design Items

    さりげなく節約できるアイテム発見。
PAGE TOP
Top