WEBマーケティング

マーケティング心理学|返報性の原理

「返報性の原理」とは人から何か施しを受けた場合に何かお返しをしなければならないと思う心理のことです。

「スーパーで試食をもらったとき」「電気屋さんで親切丁寧に説明をしてくれた。」
などみなさんも日常生活の中で経験しているのではないでしょうか。

何かを頼みごとがある際に
1.飲み物をおごってあげて相談した場合。
2.ただ相談だけをした場合。
を試してみたところ(1)の方が頼みごとを受けてもらえる確率が圧倒的に高かったという実験結果もあります。

これをマーケティングに応用してみましょう。まずはこちらから何かを提供することで最終的に商品の購入などにつなげるということですね。

ポイントは無料で何かを提供し、その場で見返りを求めないということです。例えば

  • 商品のサンプルをプレゼントする。
  • 無料でカウンセリングをしてあげる。
  • 価値のある情報をメルマガや冊子で配布する。

などでしょうか。また、お問合せのメールに親身になって対応してあげることでもいいと思います。これなら経費もかけずにすぐに実行できますね。

お客さんが「もらいっぱなしじゃ何か悪いな」と思えるくらいの価値のあれば、今度は自分にできることなら何かお返ししてあげようという心理になります。

もちろん購入や契約につなげるのが一番ですが、ソーシャルメディアに拡散してもらう、アンケートに答えてもらうなどハードルが低いお願いをすることも有効です。要するに「情けは人の為ならず」ってことですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|コントラスト効果

    あなたがどこかのお店で「この商品は安いな。」と思う商品があったとします…

  2. WEBマーケティング

    ブログをネタ切れさせない為のたったひとつのルールとは

    「Twitterやfacebookを始めたらブログを書かなくなった。」…

  3. WEBマーケティング

    レコメンド機能を利用したクロスセルとアップセル

    ECサイトを利用していると「この商品を買った人はこんなものも買っていま…

  4. WEBマーケティング

    売れるECサイトの商品ページに必要な10の要素

    みなさんは何かを購入するとき、どうやって購入に踏み切りますか?例え…

  5. WEBマーケティング

    「囚人のジレンマ」を回避した一言とは?

    マーケティングの際に参考になるゲーム理論という学問があります。…

  6. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|クレショフ効果

    クレショフ効果とはひとつの映像が、その前後に位置するほかの映像の影響を…

  1. Design Items

    クリエイティブ心を刺激するモーショングラフィック
  2. ソーシャルメディア

    ついにリリース!話題の「mixiページ」のつくり方
  3. 話題・トレンド

    Evernoteに新機能「Site Memory」がリリース。
  4. 話題・トレンド

    やっぱりPhotoshopはすばらしい。
  5. Design Items

    「夢はやっぱりベッドの上で見るもの」というアート
PAGE TOP
Top