WEBマーケティング

ユーザー導線に自然に登場する広告とは。

バナー広告に始まり、最近ではリターゲティング広告など進化しているWEB広告ですが、
あるものをアイデアひとつで効果的な広告にしてしまったという例です。

事例ではなくコンセプトムービーなのですが、こちらを見てみてください。

Solve Media from Solve Media on Vimeo.
ロボットによるアカウント作成などを防ぐために認証で利用される「CAPTCHA」を広告にしたというアイデアです。

この手法を利用すればアカウントの登録時に企業名や商品名をPRできます。しかも自分で入力するのですから記憶にも残りやすいのでは。ユーザーの導線上にあるというのもポイントですね。

単純に企業名では認証の役割を果たさなくなってしまうかもしれませんが、ユーザーもよくわからない文字列を読まされるよりはいいのではないでしょうか。

余談ですが、こんな記事もありました。

あまりにぴったり過ぎてストーカーでもされてるんじゃないかとも思ってしまうような広告配信など技術の進化にともなって昔では考えられないような手法も登場してきましたが、コストをかけなくてもアイデアひとつで広告はできるといういい例ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. WEBマーケティング

    レコメンド機能を利用したクロスセルとアップセル

    ECサイトを利用していると「この商品を買った人はこんなものも買っていま…

  2. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|アンカリング効果

    アンカリング効果とは最初に印象に残った数字やものが、その後の判断に影響…

  3. WEBマーケティング

    フリーで使えるアクセス解析ツール15選+2

    フリーで使える高機能なアクセス解析ツールがまとめられていたので紹介しま…

  4. WEBマーケティング

    WEB担当者の為のプロジェクト成功術 後編

    今回は発注先も決定し、実際にプロジェクトが始まってからです。前回も述べ…

  5. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|ザイオンス効果

    どの局にも朝の顔と言われるアナウンサーがいると思いますが、お気に入りの…

  6. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|クレショフ効果

    クレショフ効果とはひとつの映像が、その前後に位置するほかの映像の影響を…

  1. Design Items

    ティッシュを煙にみたてたティッシュケース
  2. Design Items

    食べ物をテーマにしたクリエイティブな広告いろいろ
  3. 話題・トレンド

    Google検索の新機能「Google Instant」
  4. 話題・トレンド

    エスカレーター効果を体感できるおもしろCM
  5. 話題・トレンド

    Googleファッションショーがかわいいぞ。
PAGE TOP
Top