WEBマーケティング

ブログをネタ切れさせない為のたったひとつのルールとは

「Twitterやfacebookを始めたらブログを書かなくなった。」なんて声を聞くことがありましたが、最近は自分のホームとしてブログの価値が再認識されていますね。

facebookやTwitterなどはフロー型のメディアと呼ばれるように、今あった出来事や気になったニュース記事などを瞬発的に発信し、情報を受け取る側もすれ違うように接触します。その情報の多くは鮮度が重要であり、時間とともに価値が下がっていきます。

逆にブログはストック型のメディアと呼ばれ、特にノウハウなどの記事は時間の経過とともに価値が下がるという事はありません。実際にPCのトラブルの際に参考にした記事が数年前の記事ということもあります。

しかし、いざブログを始めてみたけど続かずに放置してしまっている方も多いのではないでしょうか。ブログが続かなくなる理由としてよく聞くのが「ネタがない」ですね。

確かに普通に生活をしていれば、毎日が人に伝えたくなるような出来事ばかりという方はあまりいないでしょう。しかも街で出会ったおいしいランチやきれいな桜などはTwitterやfacebookで瞬時に発信して共有できてしまうのでなおさらブログのネタとなるような出来事は限られてきます。

「ネタがない」におちいる原因の多くは全方位的に何でもネタにしようとしている事だと思います。逆にテーマを限定したほうが多くのネタに気づく事が出来ます。

例えば「レシピを紹介するブログ」とテーマを定めれば毎日の食事やテレビや雑誌のレシピ記事がすべてネタの候補に、「花の写真を紹介するブログ」とすれば通りすがりに出会う花すべてがブログのネタになってきます。

story_01.jpg

そして、テーマを決める時はとにかく「自分の好きなこと、得意なこと。」にすべきだと思います。

いくら読者が多そうなテーマでも自分の興味のないゲームや趣味の情報を集めて記事を書いても面白くないですし、多くの人に有益な記事は書くことは難しいと思います。

テーマが見つからないという方は人に話してリアクションのよかったものを思い出してみるといいと思います。自分にとっては当たり前のこと、面白くないと思う事でも他人からしたらすごく有益な情報だということも多々あります。

ちなみにこのブログのテーマは「自分が参考になった事、興味あること」です。仕事がらWeb制作やデザイン、マーケティングなどの情報が中心になっていますが、このルールは常に守っています。

そうする事でRSSやニュース記事、仕事で出会った情報などから「これは記事になるかも」というものが自然と目にとまるようになってきます。

ちなみに私は登録しているRSSやTwitter、facebookで流れてくる情報から気になったものがあったらとりあえずRead it Later(Pocket)に放り込みます。そして記事としてまとめたいなと思ったものはEvernoteに移します。

情報の整理法は以下のエントリーでもまとめたのであわせてご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|返報性の原理

    「返報性の原理」とは人から何か施しを受けた場合に何かお返しをしなけれ…

  2. WEBマーケティング

    WEB探 vol.02『東京スカイツリー』

    5月22日の開業も近づいてきた東京スカイツリーの公式サイトです。一般的…

  3. WEBマーケティング

    2010はてブ年間ランキングに学ぶ記事タイトルのつけ方。

    ブログを書く人にとって記事の中身と同じくらい重要な記事タイトル。…

  4. WEBマーケティング

    「囚人のジレンマ」を回避した一言とは?

    マーケティングの際に参考になるゲーム理論という学問があります。…

  5. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|認知的不協和

    認知的不協和とは、アメリカの心理学者レオン・フェスティンガーによって提…

  6. WEBマーケティング

    フリーで使えるアクセス解析ツール15選+2

    フリーで使える高機能なアクセス解析ツールがまとめられていたので紹介しま…

  1. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|返報性の原理
  2. WEB制作関連

    インストールされたフォントを一覧できる「wordmark.it」
  3. 話題・トレンド

    Googleで振り返るロンドンオリンピック
  4. Design Items

    クリエイティブな2012年カレンダーのまとめ
  5. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|クレショフ効果
PAGE TOP
Top