WEB制作関連

Word×Dreamweaverで高速コーディングをするワザ

WEBサイトをコーディングする際にMicrosoftのワードで原稿をもらうのが嫌な方も多いのではないでしょうか。

多分、そのままコピー&ペーストをすると意図しないスタイルが入ってしまうからだと思いますが、Wordの機能を利用することで逆にコーディングを高速化する方法をご紹介します。

まず、Wordでスタイルを設定します。

Wordでは以下のように見出しなどのスタイルを選択することができます。

word_01.jpg

原稿を作る際に文字サイズや太字などで装飾せず、このスタイルを利用して大見出し、中見出し・・と設定しながら原稿をつくるようにします。

Dreamweaverの環境設定でペーストに関する設定をします。

 環境設定>コピー/ペーストで 構造付きテキスト を選択します。

これを選択することで<H1><H2><p>といったシンプルなタグは残して、余計な書式を省いてペーストできるようになります。

word_02.jpg

Wordで作成した原稿を流し込みます。

word_03.jpg

このようにスタイルを設定した内容をコピー&ペーストすると以下のようになります。

word_04.jpg

あとはDreamweaver側でclassなどを設定していけば効率的にHTMLを作成することができます。

H1、H2と言われてもよくわからない人でも大見出し、中見出しをつけて情報を整理することはできると思いますので、入稿の形式などをルール化することでより効率的に制作を進められるようになりますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. WEB制作関連

    HTML5を学ぶなら必ず見ておきたいWEBサイト35選

    そろそろ本格的に学びたいHTML5ですが、そんな時にぜひ参考にしたいW…

  2. WEB制作関連

    MT4.2でブログ記事に関連記事一覧を表示

    サイト内回遊を高めるために有効な関連記事表示。これを自分のブログに…

  3. WEB制作関連

    スクリーンショットを利用したWEBデザイン30個

    WEBサービスやアプリケーションの紹介には欠かせないスクリーンショット…

  4. WEB制作関連

    思わず買いたくなるECサイトのデザイン30選

    ECサイトのデザインの際に参考にしたいWEBサイトのまとめです。…

  5. WEB制作関連

    ガーリーなPhotoshopのレイヤースタイル

    女性向けのデザインに役立ちそうなガーリーなPhotoshopのレイヤー…

  6. WEB制作関連

    国内WEBデザインギャラリー厳選まとめ

    国内のWEBデザインのギャラリーサイトのまとめです。ギャラリーサイトは…

  1. WEB制作関連

    デザイナーなら必ずダウンロードしたいグラフィティなフォント25選
  2. WEB制作関連

    話題の「about.me」でプロフィールページをつくってみた。
  3. Design Items

    パックマンをテーマにしたインテリアいろいろ
  4. Design Items

    ストレスフリーなネクタイ
  5. Design Items

    ホラー好きな人にオススメ?「Blood Bath」
PAGE TOP
Top