WEBマーケティング

マーケティング心理学|ザイオンス効果

どの局にも朝の顔と言われるアナウンサーがいると思いますが、お気に入りのアナウンサーがいて見る番組が決まっている方も多いのではないでしょうか。

「ひと目見たときから大ファンで」 という場合もあると思いますが、何気なく毎日見ていたらだんだん親近感がでてきて、そのうちファンになっていたという方もいるでしょう。

人は何かに繰り返し接すると好意度や印象が高まるそうで、これをザイオンス効果といいます。この対象は人に限りませんのでテレビCMや交通広告も何度も目にすることで商品やサービスへの印象が高まります。

しかし、WEBサイトを何度も見てもらおうと思ってもユーザがアクセスしてくれない事にはどうにもなりません。この効果を特に生かせるのはメールマーケティングなどのCRMですね。

例えば商品のサンプル請求をしてくれたお客さんに

「サンプルはちゃんと届きましたか?」

「使ってみていかがですか?」

「その後、効果はどうですか?」

と繰り返しメールを送ってあげることで接触機会が増えるので、だんだんお客さんが親近感をもってくれて製品の購入やサービスの申込みに至る可能性が高くなりますね。

もちろん機械的に何度も送りつければいいというわけではありません。届いたメールを読んでもらって初めて接触したことになりますので、そのための工夫も必要になりますね。

ポイントはいかにメールを送る口実を作るかです。

最初は申込みへのお礼や商品の説明などができますが、だんだんメールを送る口実がなくなってきてしまいます。

例えば有効期限付きのクーポンを同封していれば、「そろそろ有効期限がきれますよ」というメールが送れますし、アンケートで趣味・嗜好などを聞いていれば「お客様が気に入りそうな商品がありましたので」とメールができます。

このようにお客さんに接触する口実を上手くつくりながら接触回数を増やしていければ、お客さんの信頼を獲得し、ファンへとなってもらえるようになるのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|リフレーミング

    リフレーミングとは、ある枠組み(フレーム)で捉えられている物事を枠組み…

  2. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|返報性の原理

    「返報性の原理」とは人から何か施しを受けた場合に何かお返しをしなけれ…

  3. WEB制作関連

    WEBサイト心理学|マジカルナンバー

    これはアメリカの心理学者ジョージ・ミラーが提唱した言葉で、普段の生活の…

  4. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|カリギュラ効果

    もしあなたが「絶対に中を見ちゃダメだからね。」 と封筒を預けられたらど…

  5. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|両面提示と片面提示

    みなさんが外食した時に、メニュー表に「このお料理は注文が入ってからひと…

  6. WEBマーケティング

    WEB探 vol.02『東京スカイツリー』

    5月22日の開業も近づいてきた東京スカイツリーの公式サイトです。一般的…

  1. 話題・トレンド

    Googleロゴで振り返る2010年
  2. 話題・トレンド

    Google…etc 2012年エイプリルフールネタのまとめ。
  3. LifeHack・仕事術

    簡単に他人から仕事で評価されるたったひとつの方法
  4. WEBディレクターズマニュアル

    WEBディレクターなら参考にしたい手書きの画面設計書
  5. 話題・トレンド

    iPadをゲームセンターに変える「joystick-it」
PAGE TOP
Top