WEBマーケティング

ユーザー導線に自然に登場する広告とは。

バナー広告に始まり、最近ではリターゲティング広告など進化しているWEB広告ですが、
あるものをアイデアひとつで効果的な広告にしてしまったという例です。

事例ではなくコンセプトムービーなのですが、こちらを見てみてください。

Solve Media from Solve Media on Vimeo.
ロボットによるアカウント作成などを防ぐために認証で利用される「CAPTCHA」を広告にしたというアイデアです。

この手法を利用すればアカウントの登録時に企業名や商品名をPRできます。しかも自分で入力するのですから記憶にも残りやすいのでは。ユーザーの導線上にあるというのもポイントですね。

単純に企業名では認証の役割を果たさなくなってしまうかもしれませんが、ユーザーもよくわからない文字列を読まされるよりはいいのではないでしょうか。

余談ですが、こんな記事もありました。

あまりにぴったり過ぎてストーカーでもされてるんじゃないかとも思ってしまうような広告配信など技術の進化にともなって昔では考えられないような手法も登場してきましたが、コストをかけなくてもアイデアひとつで広告はできるといういい例ではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|両面提示と片面提示

    みなさんが外食した時に、メニュー表に「このお料理は注文が入ってからひと…

  2. WEBマーケティング

    世界のスマホ事情がわかる。「Our Mobile Planet」

    昨日に続いてGoogleのサービスの紹介です。世界40カ国以上で調査し…

  3. WEBマーケティング

    広告コピーにひそむ心理学

    よく目にする広告コピーにはいろいろな心理学的効果が潜んでいます。聞いた…

  4. WEBマーケティング

    リピーター獲得はリコメンドよりリ???ド

    商売をやっていれば、あの手この手でお客さんを獲得しようとするのは当然で…

  5. WEBマーケティング

    WEB担当者の為のプロジェクト成功術 後編

    今回は発注先も決定し、実際にプロジェクトが始まってからです。前回も述べ…

  6. WEBマーケティング

    マーケティング心理学|アンカリング効果

    アンカリング効果とは最初に印象に残った数字やものが、その後の判断に影響…

  1. iPhone

    WEBサイトが素敵な80のiPhoneアプリ
  2. Design Items

    快眠を提供してくれる(?) オススメグッズ。
  3. WEB制作関連

    WEBサイト高速化に便利!「Google PageSpeed Insight」
  4. Design Items

    貯金箱はどうしてブタなんだろう?
  5. WEB制作関連

    WEB制作者必見。便利なワイヤーフレーム作成ツールまとめ
PAGE TOP
Top